愛媛県宇和島市にある泌尿器科専門クリニック 山中医院

泌尿器科について 泌尿器科のおもな症状と病気
泌尿器科は腎臓から尿管〜膀胱〜尿道までの尿路、前立腺・陰嚢内容(精巣、精巣上体)などの男性生殖器などのさまざまな疾患を扱います。

血 尿

 血尿とは尿の中に赤血球が混じっている状態です。血尿には目で見てもわからないもの(顕微鏡的血尿)からはっきりと血が混じっている(肉眼的血尿)ものまでさまざまな程度があります。中には血の塊が混じるものもありますが、このような肉眼的血尿が認められた場合は、膀胱がん、腎臓がん、尿路結石などのような重大な病気の可能性があります。また、このような病気があったとしてもしばしば自然に止まってしまうことがありますので、一度でも肉眼的血尿を自覚したら、すぐに泌尿器科を受診してください。
排尿困難

 尿が出にくい、尿が途切れる、尿が残る感じ・・・
「歳かな?」とあきらめてはなりません。原因をよく調べ、適切な治療を行えば勢いよく尿が出るようになります。中には、前立腺癌などの悪性腫瘍もありますので泌尿器科専門医を受診してください。
膀胱刺激症状

 尿が出るとき痛みがある、不快感がある・・・・
女性の場合は膀胱炎、男性の場合は尿道炎や前立腺炎、膀胱癌なども考えられます。泌尿器科専門医の診察を受けてください。
頻尿、夜間頻尿

 大変幅広い症状で、多くの病気が考えられます。何時に何ccの尿が出たか? これを記録することによりある程度の病気を予想することができますので、それに応じた診断計画を立てます。
局所の腫れと痛み

 陰嚢内容が腫れて、痛みを伴う場合は急性精巣上体炎が考えられます。多くは高熱を伴います。陰嚢内容の痛みを伴わない腫れ:精巣腫瘍が考えられます。一日も早く受診してください。
尿失禁

 腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流性尿失禁などさまざまな病態が考えられます。原因に応じた適切な治療方法がありますので、泌尿器科専門医の診察を受けましょう。
STD(性行為感染症)

 男性の方が症状が出やすく、女性は一般に症状が比較的乏しいといえます。尿道からの排膿、排尿通など特徴的な症状があります。原因菌により適切な治療方法がありますので、専門医を受診する必要があります。
PSA検診

 前立腺癌は現在国内で最も増加率の高い悪性腫瘍です。少量の静脈血を採取するだけで、非常に感度の高いスクリーニングができます。50歳を過ぎたらPSA検査を受けましょう。

泌尿器科小手術(包茎手術、パイプカット)

 当院では包茎手術やパイプカットなどの手術を行っています。避妊を目的とするパイプカットは病気ではありませんので自費となります(75,000円;手術費用、薬剤費、検査費用などを含む)。病的な状態の包皮(嵌頓、繰り返す包皮炎、完全包茎など)に対する手術は保険診療の対象ですが、仮性包茎の場合は自費になります。

その他、発熱、ED(勃起不全)、腎部(側腹部痛)、下腹部痛、なども泌尿器科の重要な症状です。このような症状があればご相談ください。
院長のご紹介
診療のご案内
泌尿器科について
アクセスマップ
リンク