愛媛県宇和島市にある泌尿器科専門クリニック 山中医院

診療のご案内 山中医院のご案内
医院名 山中医院
所在地 〒798-0051 愛媛県宇和島市広小路1-31
診療科目 泌尿器科
主な医療機器 超音波診断装置
泌尿器科電子スコープ
X線診断装置
画像診断システム(FCR)
干渉低周波による尿失禁治療装置
URL http://yamanaka-cl.jp/
TEL 0895-22-1750
FAX 0895-24-2298

診療のご案内
 
診療時間
9:00-12:00
14:30-18:00 × × ×
  ※日曜、祝日は休診です。
  ※セカンドオピニオンは予約制です(電話でご予約ください)。
  ※包茎,パイプカットなどの手術は随時おこないます。


セカンドオピニオン
 近年の医療の進歩はめざましく、さまざまな治療方法が登場しています。どこの病院でもこれらのすべてに精通しているわけではなく、医師によっても治療方法の選択には差異があることは当然です。患者さんが最もよい治療を受けるために、他の医師の意見を聞くことを「セカンドオピニオン」と言います。これは医師を変えるということではなく、現在の医師にかかりながら他の医師の意見を取り入れて、患者さん自身が納得できる医療を受けることが目的です。日本でも最近急速に普及しつつあります。
「セカンドオピニオン」を受けることは患者さんの権利です。
 当院では、神鋼病院(神戸市中央区)における院長のセカンドオピニオン外来の経験から、山中医院でも同様にセカンドオピニオン外来を開設いたします。
対象疾患:前立腺癌、膀胱癌、腎癌などの泌尿器科悪性腫瘍
日時:原則的に毎週水曜日午後、完全予約制(お一人当たり約1時間)
受診方法:外来受付でセカンドオピニオン外来の予約を取ってください。
        (電話予約可: 0895-22-1750)
費用:原則的に保険外診療です(お一人:1万円)。
資料等:現在までの診療情報をすべてご持参ください。
お返事:紹介いただいた施設に1週間以内にお返事させていただきます。

診療の方針
理  念


「慈心相好 仏眼相看」

 待合室の書架にかけている「慈心相向 仏眼相看」という書は私が神戸市で勤務していたときに、私の患者さんでもある曹洞宗の高僧からいただきました。以来、私の座右の銘としていますが、このたび、当院の理念として全職員に徹底いたしました。本来の意味とは少し異なるかも知れませんが、「医療従事者はいつも患者さんに優しく応対し、患者さんの苦しみや悩みを素早く察知する感性を身につけなければならない」というのが私の解釈です。流麗な筆致は素晴しく、見るものの心を自然と和ませ、落ち着かせてくれます。是非、実際の書をご覧ください。
基本方針


常に患者さんの立場に立った「あたたかい医療」を提供します。

1)病院を受診する患者さんは皆さん不安や心配を抱えています。そのような不安を少しでも和らげるために、スタッフ一同、笑顔を絶やさず明るく応対させていただきます。
2)医療従事者にはあたりまえの言葉であっても、一般の患者さんには解りにくい言葉があります。病状や治療方針についてはできるだけわかりやすい言葉で、よく理解していただけるまで、繰り返し説明させていただきます。

個人の尊厳と生活の質を重視した「全人的医療」を提供します。

1)診療や検査にともなう羞恥心や恐怖心を和らげるため、その都度十分に説明します。
2)患者さんのプライバシーに配慮します。
3)治療には苦痛や副作用を伴うものがありますし、病気が治っても、日常生活に何らかの障害を来す場合があります。従って、大きな手術を受ける場合はそのような起こりうる状況をよく理解しておく必要があります。当院では、大きな手術が必要な場合は適切な病院をご紹介しますが、可能な限り丁寧なアドバイスをさせていただきます。
4)病気だけではなく、病気になった人間を診察し治療することを「全人的医療」といいます。当院では常に患者さんの「心のケア」に配慮いたします。

最善の医療を受けていただくために、密接な病診連携を構築します。

1)入院の必要な侵襲の高い検査や手術は基本的に市立宇和島病院泌尿器科もしくは四国がんセンター泌尿器科をご紹介します。退院後は当院で経過観察させていただきます。
2)院長の執刀をご希望の場合はご遠慮なくお申し出ください。
3)遠方にお住まいのご家族のもとで、手術をご希望の場合はその地域の第一線病院をご紹介いたします。遠隔地での手術後も当院で適切に経過観察させていただきます。また、同じ泌尿器科でもそれぞれの施設により得意な手術や治療方法があります。得意な治療方法を持っている施設や症例が豊富な施設では治療成績がよいことは当然です。

常に改良・改善に取り組みます。

病院玄関に「ご意見箱」を設置しました。皆様の忌憚のないご意見を頂戴し、できる限り迅速に対応したいと考えております。
院長のご紹介
診療のご案内
泌尿器科について
アクセスマップ
リンク